FX比較プライムランキング 株式投資情報 10月1日

10月1日(月曜日)の株式投資情報です。(13時27分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→



富士ソフトサービスビューロは東証2部への移籍など好感されて高値に迫る
■10月5日売買分から市場変更、連続最高益を更新する見込み。 富士ソフトサービスビューロ<6188>(JQS)は10月1日の後場、8%高の1057円(77円高)で始まり、株式分割など調整後の上場来高値1189円(2018年4月4日)に迫っている。9月28日、東京証券取引所の承認を受けて10月5日売買分から東証2部に市場変更すると発表。材料視されている。 年金にかかわる電話照会対応業務をはじめ、各種コールセンター、事務処理業務、データエントリー業務等、専門性の高いさまざまなBP..

ソフトフロントHDは「自然な会話のAIロボ」など注目され後場ストップ高
■1日付で2件のニュースを発表し注目集中 ソフトフロントホールディングス(ソフトフロントHD)<2321>(東1)は10月1日の後場急伸し、12時45分にストップ高の160円(50円高)で売買されたまま買い気配となっている。1日付で2件のニュースを発表。新展開が注目されている。 1日付で、「人との自然な会話を実現するAIロボット『commubo(コミュボ)』ソリューションを10月1日提供開始」および、子会社デジタルポストの郵送APIサービスと株式会社TRUSTDOCK(東京都..

【株式市場】円安再燃など受け日経平均は186円高まで上げて続伸基調
◆日経平均は2万4263円07銭(143円03銭高)、TOPIXは1820.67ポイント(3.42ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億9289万株 10月1日(月)前場の東京株式市場は、米国の利上げに関する見通しなどを受けて前週末の海外市場から円安が再燃し、海外比率の高い安川電機<6506>(東1)やファナック<6954>(東1)などが次第高となり、日経平均も波状的に上値を追って11時過ぎに186円50銭高(2万4306円54銭)まで上昇。1991年11月以来、約27年..

JFEシステムズは戻り高値圏、19年3月期増収増益・6期連続増配予想
 JFEシステムズ<4832>(東2)は、JFEグループの情報システム会社である。19年3月期はJFEスチール製鉄所システムなど需要が高水準に推移して増収増益予想、そして6期連続増配予想である。株価は戻り高値圏だ。上値を試す展開が期待される。なお10月25日に第2四半期決算発表を予定している。■JFEグループの情報システム会社 JFEグループの情報システム会社である。鉄鋼向け情報システム構築事業を主力として、ERPと自社開発ソリューションを組み合わせた一般顧客向け複合ソリュー..

アズームは売上高5割増など注目され2日連続ストップ高
■9月20日に新規上場、駐車場に関する情報サイト運営など展開 アズーム<3496>(東マ)は10月1日、一段高となって10時20分にストップ高の9070円(1500円)に達し、2日連続ストップ高。9月20日に新規上場となり、上場来の高値を更新した。 駐車場に関する情報サイト運営などを行い、公開価格は3000円、初値は2.1倍の6400円。会社発表の今期・2018年9月期の業績予想(個別)は、売上高が18.19億円(前期比49.1%増)、営業利益が2.02億円(前期比548.9..

【プレスリリース】ハウスドゥが名古屋支店を開設、東海エリアのハブ機能としての役割を担う
■家・不動産買取専門の「ハウスドゥ!名古屋西店を同時に移転併設 ハウスドゥは10月1日、業容拡大にともなう体制整備に向け、同日付で名古屋支店を開設したと発表した。 名古屋支店の開設は、東海エリアのハブ機能としての役割を目的としている。これまで、同エリアの顧客やフランチャイズ加盟店への対応は東京本社、京都本店を中心に行ってきたが、同エリアに拠点を開設することで、お客様のニーズに迅速な対応ができる体制の整備、全国で最も店舗数の多い東海エリアの加盟店向け研修、フランチャイズ事業の加..

富士急行はスルガ銀行株の値下がりで評価損と発表したが持ち直す
■第2四半期(4〜9月累計)の連結純利益の見通しを32%減額修正 富士急行<9010>(東1)は10月1日、取引開始後の7%安(250円安の3465円)を下値に持ち直し、10時にかけては5%安(175円安の3540円)前後で売買をこなしている。前週末売買日(9月28日)の取引終了後に特別損失(投資有価証券評価損)の計上と第2四半期(2018年4〜9月累計)の連結純利益の見通しの減額修正を発表。しかし、上期で消化できるレベルのため影響は大きくないようだ。 評価損の対象銘柄はスル..

ネオスはソースネクストの「ポケトークW」製造受託が注目され急伸
■「東京国際映画祭」の公式通訳機、代理店のパシフィックネットも高い ネオス<3627>(東1)は10月1日、一段高で始まり、取引開始後に8%高の932円(72円高)まで上げて2014年以来の900円台に進んだ。営業利益などが3期ぶりに黒字化する見通しである上、74言語に対応し、話しかけるだけで対話ができる手のひらサイズの通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」の製造を子会社が受託したとの過日発表を材料視する動きが強いようだ。 「POCKETALK(ポケトーク)W」はソース..

富士通ゼネラルは1ドル114円に迫る円安進行など材料視されて戻り高値
■売上高に占める海外の割合が約70%、猛暑効果なども見直される様子 富士通ゼネラル<6755>(東1)は10月1日、一段高で始まり、取引開始後に6%高の2023円(116円高)まで上げて戻り高値を更新に進み、取引時間中としては3月16日以来の2000円台回復となった。年初来の高値は1月の2537円。 売上高に占める海外の割合が約70%になり、円相場が米国の利上げなどを要因に1ドル114円に迫る円安進行となってきたことが材料視されている。また、エアコンの大手のため、今夏の猛暑や..

【株式評論家の視点】テラは台湾のバイオテクノロジー企業と業務提携、ミニ・ゴールデンクロスを示現
 テラ<2191>(JQS)は、「医療を創る」をミッションに掲げ、「がん」「免疫」「細胞」をキーワードに革新的な医療技術・サービスを開発・提供することで、がんで悩んでいる皆様に貢献し、企業価値の増大を目指している。 テラの樹状細胞ワクチン療法は、東京大学医科学研究所で開発された技術をもとにしており、さらにテラ独自の厳格なSOP(標準手順書)をもとに教育訓練された培養技術者が細胞培養を行っている。全国の医療機関で高品質の樹状細胞ワクチンが安定的に作製できるよう、常に培養技術の改..

【どう見るこの相場】早期上方修正銘柄に2度目の業績サプライズを期待して2Q累計決算の発表日をマーク
 「一度あることは二度ある、二度あることは三度ある」とサプライズを期待するのは、投資家心理の本性である。株式投資には、ある種の連想ゲーム的な要素があって、急騰した銘柄と同じ柳の下で続く「二匹目の泥鰌」、「三匹目の泥鰌」をゲット、マーケットを出し抜くこの投資家心理の発露は、過去数限りない実戦で裏打ちされ勝利の方程式として定着している。 さて名実ともに10月相場入りとなって、初っ端に9月30日の沖縄県知事選挙で野党支援候補が当選するニュースが飛び込んできた。株価は、ネガティブに反..

日経平均は53円高で始まり1ドル114円に迫る円安など寄与
 10月1日朝の東京株式市場は、日経平均が53円33銭高(2万4173円37銭)で始まった。 米国の利上げに関する見通しなどからNYダウは小幅高の18.38ドル高(2万6458.31ドル)だったが、金利上昇を受けてドルが上げて円が下げ、週明けの東京外為市場は1ドル113円台後半で始まった。(HC)

アイリッジは底打ちして反発期待、19年3月期実質増収増益予想、事業領域拡大戦略を加速
 アイリッジ<3917>(東マ)はO2Oソリューション事業をベースとして、事業領域拡大戦略を加速している。19年3月期(連結決算に移行、決算期変更で8ヶ月決算)は、月額報酬の順調な伸長やM&A効果などで実質増収増益予想である。株価は底打ちして反発を期待したい。■O2Oソリューション事業が主力 位置情報連動型プッシュ通知ASPのpopinfo提供から、popinfo搭載O2Oアプリ企画・開発、集客・販促を中心としたO2Oマーケティング企画・運用支援まで、企業のO2Oマーケティン..

デュアルタップは売り一巡して反発期待、19年6月期減益予想の織り込み完了
 デュアルタップ<3469>(東2)は東京都区部での投資用マンション分譲を主力としている。19年6月期は前期計上したホテル売却益の反動で減益予想だが、配当は記念配を実施して増配予想としている。株価は19年6月期減益予想の織り込みが完了して売り一巡感を強めている。反発を期待したい。■投資用マンション分譲が主力 不動産の企画・開発・分譲・管理・仲介事業を展開している。東京都区部で駅近を特徴とする「XEBEC(ジーベック)」ブランドの投資用マンション分譲が主力である。18年7月には..

ZUUは戻り高値圏、19年3月期大幅増収増益予想
 ZUU<4387>(東マ)は、金融系自社メディアを運営するメディア・サービス、顧客企業の情報配信サイト構築・運用支援等を行うフィンテック化支援サービスを展開している。19年3月期大幅増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、8月安値から反発して戻り高値圏だ。■メディア・サービスやフィンテック化支援サービスなどを展開 18年6月東証マザーズに新規上場した。ZUU onlineを中心に金融系自社メディアを運営するメディア・サービス、自社メディア構築・運営..

日本エム・ディ・エムは年初来高値更新の展開、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想
 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。自社製品拡販で19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。株価は年初来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。なお10月31日に第2四半期決算発表を予定している。■整形外科分野の医療機器専門商社、自社製品比率上昇して収益力向上 人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を主力とする医療機器専門商社である。メーカー機能強化による高収益体質への転換を目指し、米..

セックは04年の上場来高値目指す、19年3月期横ばい予想だが上振れ期待
 セック<3741>(東1)はリアルタイムソフトウェア技術に強みを持つシステム開発会社である。19年3月期は横ばい予想だが上振れ期待が高まっている。株価年初来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら04年の上場来高値を目指す展開が期待される。■リアルタイムソフトウェア技術に強み リアルタイムソフトウェア技術に強みを持つシステム開発会社である。モバイルネットワーク、インターネット、社会基盤システム、宇宙先端システムの分野に展開している。

ラクオリア創薬は調整一巡して戻り歩調、疼痛と消化器管を主領域とする創薬ベンチャー
 ラクオリア創薬<4579>(JQ)は、疼痛と消化管疾患を主領域とする創薬ベンチャーである。19年12月期黒字化を目指している。株価は調整一巡して戻り歩調だ。■疼痛と消化管を主領域とする創薬ベンチャー ファイザー日本法人の中央研究所を前身として、新規開発化合物の創出を目指す創薬ベンチャーである。炎症および神経性の疼痛と、胃食道逆流症や過敏性腸症候群を代表とする消化器疾患を主な領域として、適応症の追加などで研究開発対象領域の拡大も進めている。 IOCN(Integrated O..

ズームは底打ちして戻り歩調、18年12月期減益予想の織り込み完了
 ズーム<6694>(JQ)は、ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーである。株価は18年12月期減益予想の織り込みが完了し、底打ちして戻り歩調だ。■ハンディレコーダーが主力の音響機器メーカー ハンディオーディオレコーダーを主力とする音響機器メーカーで、マルチエフェクター、ハンディビデオレコーダー、プロフェッショナルフィールドレコーダーなども展開している。製造を外部に委託するファブレスメーカーである。

ブライトパス・バイオは底固め完了して反発期待、がん免疫治療薬の開発目指す創薬ベンチャー
 ブライトパス・バイオ<4594>(東マ)は、がん免疫療法の一つである「がんペプチドワクチン」の開発を目指す創薬ベンチャーである。株価は15年の上場来安値を割り込むことなく底固め完了感を強めている。反発を期待したい。■がん免疫治療薬の開発目指す創薬ベンチャー がん免疫療法の一つである「がんペプチドワクチン」の開発を目指す創薬ベンチャーである。がん免疫療法の開発領域を拡げ、旧グリーンペプタイドが17年7月社名変更した。 パイプラインは、富士フイルムへ導出した前立腺がんを適応症と..

オプティマスグループは調整一巡して反発期待、19年3月期2桁増収増益・大幅増配予想
 オプティマスグループ<9268>(東2)は、ニュージーランド向け中古自動車輸出を主力としている。19年3月期は2桁増収増益予想である。8月17日には固定資産譲渡に伴う特別利益計上で純利益を増額修正している。配当も大幅増配予想である。株価は8月の戻り高値から反落したが、調整一巡して反発を期待したい。■ニュージーランド向け中古自動車輸出が主力 17年12月東証2部に新規上場した。中古自動車を日本から海外(ニュージーランド向け主力に30ヶ国以上)に輸出している。貿易、物流、ニュー..

ハピネットは第2四半期業績予想の上方修正を発表
■安室奈美恵の 「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」などの音楽商材が好調に推移 ハピネット<7552>(東1)は28日、第2四半期業績予想の上方修正を発表した。 第2四半期連結業績予想の売上高は、前回予想を据え置く1000億円(前年同期比17.9%増)、営業利益は前回予想を3億円上回る19億円(同7.9%増)、経常利益は3億円上回る18億円(同9.8%増)、純利益は1億円上回る11億円(同5.4%増)と当初の減益予想から増益の見込みと..

夢真ホールディングスはネプラス株式会社の発行済み全株式を取得し、子会社化することを発表
■ネプラス社はCISCO製品を中心としたIT機器の販売、レンタル、IT エンジニア派遣事業を展開 夢真ホールディングス<2362>(JQS)は28日、ネプラス株式会社の発行済み全株式を取得し、子会社化することを発表した。 ネプラス社はCISCO製品を中心としたIT機器の販売、レンタル、IT エンジニア派遣事業を展開している。ビジネスの核となる高い技術力を持った、エンジニアが50名以上在籍している。派遣先は、開発・設計分野のいわゆる上流工程がメインとなっている。また、ネプラス社..

トシン・グループの第1四半期は、増収増益と堅調
■新規得意先の獲得、既存得意先の深堀りなど、営業基盤の拡充に努める トシン・グループ<2761>(JQS)の第1四半期は、増収増益と堅調であった。 同社は、首都圏中心に電設資材や住宅設備機器などの卸売事業を展開している。小口多数販売、専門部署による得意先営業活動支援サービスなどを特徴とし、事業基盤強化や収益拡大に向けて、取扱商品や営業拠点網の拡充を推進している。 今第1四半期も、計画的な訪問による、新規得意先の獲得、既存得意先の深堀りなど、営業基盤の拡充に努めるとともに、グル..

ソーバルの第2四半期連結業績は、微減収ながら増益
■国内有数の独立系組み込みソフト開発企業 ソーバル<2186>(JQS)の第2四半期連結業績は、微減収ながら増益となった。 同社は、技術力と経験豊富な人材を合わせ持つ国内有数の独立系組み込みソフト開発企業である。M&Aも活用して顧客や分野の多様化、IoTなど新規技術分野の開拓、人材の確保を推進している。 28日に発表された19年2月期第2四半期連結業績は、売上高40億46百万円(前年同期比0.4%減)、営業利益2億83百万円(同6.5%増)、経常利益2億92百万円(同9.3%..



FX比較プライムランキング最新情報  FX比較プライムランキングTOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け